足白癬のケアすべき点とテルビナフィンの作用機序

足白癬は、カビの仲間である白癬菌が足の指や足の裏など皮膚に寄生する事で発症する感染症であり、一般的には水虫と呼ばれています。足白癬には、角質増殖型の角化型と汗疱状の2種類があり、汗疱状は手足の指や足の裏、足の側面などに痒みを伴う水疱が出来る事が多く、水疱は膿疱に変わり膿疱が潰れる事により患部をジュクジュクさた状態にするので、患部を乾燥させて常時清潔にしておくなどのケアが必要です。潰れた膿疱患部は、著しく免疫力が低下しているので細菌が侵入し易く、二次感染を引き起こすリスクが高くなります。
二次感染を引き起こすと、足の甲から下肢下部が強い痛みを伴い赤く腫れ上がり、太腿内側のリンパ腺が腫れあがる蜂窩織炎を発症するケースもあります。汗疱状は、角化型に比べてテルビナフィンなどの抗真菌剤を含む外用薬の効果が高いので、早めのケアで1~3カ月で完治します。
角化型は、水虫特有の痒みや患部に汗疱状の様なジュクジュク感が無いのが特徴で、足の裏の角質が肥厚し白くなり、冬場にはひび割れを引き起こすケースや角質がポロポロと落ちるケースもあり、その為感染に気付かずただの肌の乾燥と勘違いして保湿用クリームでケアしているケースもあります。又、角化型には、趾間型や小水疱型の悪化により発症する事が多くあります。
角化型の治療には、テルビナフィンなどの抗真菌剤を含有する外用薬だけではなく、テルビナフィンの経口薬も処方されるケースが多く、腸から吸収された薬理成分が、爪や皮膚の角質から真菌の細胞内に侵入し、スクアレンエポキシダーゼの働きを阻害する事で細胞内のスクアレンの蓄積量を増加させ、エルゴステロールの濃度を低下させて細胞膜を破壊し、白癬菌を死滅させます。テルビナフィンは、血液中の半減期が長く、低濃度でも高く長い抗真菌効果が期待出来ます。