水虫は肌を軽石でこするよりもテルビナフィンで治療

足のかかとなどの角質が厚くなり、ひび割れが出来たりすると、足白癬という水虫になっている可能性があります。
カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層などに寄生したことで、皮膚の異常を起こすので、がさがさした肌になります。
白癬菌は手にも寄生しますが、ほとんどは靴や靴下をはいているせいで蒸れやすい足に寄生します。
男女問わず、水虫の症状は起こるので、早く治そうとして軽石で患部をこする方もあるようです。
しかし分厚く、硬くなってしまったかかとを軽石などでこすると、肌が傷つくので、その後に余計に角質が厚く、硬くなる原因となります。
それに軽石などでこすり、弱ってしまった皮膚は、以前よりも感染しやすい状態になるので、これ以上悪化させたくない方は、こすらないようにしてください。
厄介な水虫は、肌を軽石でこするよりも、テルビナフィンという薬で治した方がよいので、お近くの皮膚科へ行って処方してもらうようにしましょう。
テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊して殺菌的に真菌を破壊できるので、水虫には高い効果がありますし、カンジダ症やタムシなどの治療にも使われます。
水虫は、たとえ治ったように見えても、再発を防ぐためには、最低でも1か月は治療を続ける必要があるので、自己判断で勝手にやめたりはせず、お医者さんの指示に従うことが大切です。
かかとなどの角質の厚い部分の水虫だと、半年くらいは治るのに時間がかかることもありますが、テルビナフィンなら治せるので、気長に使い続けてください。
テルビナフィンは、皮膚科で出してもらう以外にも、個人輸入代行通販に注文することでも手に入ります。
皮膚科に行くと診察費が取られてしまうので、薬代以外は払いたくないなら、個人輸入代行通販を利用するようにしましょう。